番組内輪ネタ編

カミ学生:
神について学ぶ学生である
ワタナベが神学校(シンガッコウ)にて学ぶが自らを
神学生(シンガクセイ)と認めたくなかったため
自分をそう呼んだのが成り立ち。

オーガニック戦線:
オーガニックであることを至高だと思い、
善良な市民にオーガニックを押し付け、自由を奪う、悪の組織。
マツモトはオーガニック戦線の幹部。

ホーリートリップ:

精神が不安定な状態で教会音楽を聞いた際に引き起こる
一時的な急激な感情の起伏、また脳の錯覚。
(隔離された環境で友人と楽しい時間を過ごすキャンプで高確率で引き起こる。帰りたくない気持ちがこの現象を促進することが研究で明らかになっている。)

ときたま異言もどきや急に倒れたりする現象も起きる。

この症状が起きたものは自らをホーリー(聖なる)ものと思い、
トリップしてないものを自らより低いものとみなす。

下手な粉より危険である。

ワタナベはこのホーリートリップが反吐がでるほど嫌い。
なぜなら経験があるから(同族嫌悪)である。

症状はキャンプや大きな宣教大会が終わってから三日ほど持続する。

マジモンのホーリー:

ホーリートリップとの違いは本人にしかわからない。
これは一時的な感情ではなく
神のことばに真の意味で心うたれた時に引き起こるもの。

神学的に言うと「聖霊に満たされた状態。」

本物の異言や神秘的現象も起こるときがある。

ホーリートリップと区別するのは非常に難しい。
ワタナベの理論としては
マジモンのホーリーは他人に不快感を与えないものであると推測する。